(゚∀゚)イ㌔!乳がんサバイバー☆。.:*・゜

44歳のある日、乳がんになりました。これからどうする?どうなる私?リアルタイム闘病日記。

針生検。

がん診療連携拠点病院にて、はじめての診察。

その日のうちに、針生検の手配をしてもらいまして。

 

いざ!

…と心構えてみたものの

なんせこんな検査、もちろん生まれてはじめてですし

ネットで情報を見れば見るほど、なんか怖い。

局部麻酔ったって、だって、乳にでしょ…

それだけでめっちゃ痛そうだし…

 

不安は的中w

 

結論から言って、めちゃくちゃ痛かったw

 

やはり、麻酔の段階でそうとう痛い。

おまけに私は、麻酔の効きが遅い体質?っぽいので。

(歯医者さんの麻酔でも、治療が終わってから

麻酔の効きが絶好調になったこと多々)

 

「そろそろ麻酔効いてますかねー、じゃ、入れますよー」

ぐさり。

刺す音が聞こえた気がしました。

聞こえるはずなどないのですが。

 

あああああ。

 

「組織取っていきますねー」

バチン、バチンと、変な音がします。

というか、乳の中でどんな動きをしてるかの

感触と痛みがリアル。リアルすぎる。

しかもそのバチンバチンを3回も。

 

やっと終わった時にはヘロヘロでした。

あぁ私、今からこんなんで、肝心の手術とか

果たして耐えられるんでしょうか…

 

傷の上に絆創膏を貼り、二重三重にテープも貼られ

テープは明日の朝まで、絆創膏は一週間取らないように、と。

どんだけ傷深いんですか…

 

そのあと、看護師さんから

小さなビンのような物を見せられました。

名前と部位の確認。

ラベルの隙間からちらっと覗くと、白くて細長くて

大きめのシラスのような(例えがオカシイですが)

妙ちくりんな物体が浮遊していました。

コレが組織なのか。思っていたのとだいぶ違う。

 

次回の来院は、来週のCT検査。

その翌日は、今日の病理検査の結果が出る予定。

 

もうすでに、限りなく黒に近いグレーなんですが

黒と確定させるためには、待ち時間が必要で。

とても長く感じられた一週間でした。