(゚∀゚)イ㌔!乳がんサバイバー☆。.:*・゜

2017年夏にステージ2手前の乳がん発覚。全摘手術後、ホルモン療法で経過観察7年目。無駄に元気な乳がんサバイバー実践中。

終わりの始まり(希望的観測)。

いいかげん終わってほしいんですけどねー

2ヶ月ぶりにきちゃいましたねー

生理が。_| ̄|○

 

ところが、今回のそれはどうも様子がおかしくて。

始まったと思ったら、終盤並の少なさ。

その状態が、ダラダラダラダラと5日くらい続き

6日目に、通常の2分の1くらいの量になり

本日で8日目、未だにそれが終わらないという…

 

なんなんだこれは。

出てくるなら、さっさと出てきてくれませんかね。(-_-メ)

 

で、ふと思ったのですが

これって、もしかして、いよいよ閉経の前兆なんではないかと。

終わりの始まり、が、きているんではないかと。

はい、自分に都合良く解釈しましたw

 

人から聞いた話、ネットで調べた話

自分が得たいろいろな情報を、脳内で総括してみても

結論には、なかなかたどりつけないもんで。

ほんと、人それぞれなんですもの、こればっかりは。

 

あっさり終わった人もいれば、不規則なのが延々続いた人もいて

更年期の症状が酷すぎて、仕事を辞めるほどだった人もいれば

更年期の「こ」の字もなかったという人もいて。

 

いったい何が正解なのか。

あー、さっぱりわからん。

自分の身体のことなのに、さっぱりわからん。

 

わかっているのは

タモキシフェンの副作用と、リアルに更年期だから

ダブル作用で生理に影響が出ているってこと。

そしてこれは、まだ当分、年単位で続くであろうということ。

は〜〜、ため息が出る。

 

タモキシフェン飲むのは仕方ないです。

生きるために飲みますですよ。

更年期の症状も、がんばって乗り切りますですよ。

けど、とりあえず生理だけでも終わってくれないかなーw

 

f:id:airwave221:20210612235638j:image

ふあー、なんのことにゃー?(雄猫、しかも去勢済ww)