(゚∀゚)イ㌔!乳がんサバイバー☆。.:*・゜

2017年夏にステージ2手前の乳がん発覚。全摘手術後、ホルモン療法で経過観察7年目。無駄に元気な乳がんサバイバー実践中。

最近の体調。

先日(8月16日)は、3ヶ月に一度の乳腺外科外来でした。

 

今回は採血と問診。

採血の結果は…異常なし!嬉しい。

 

腫瘍マーカーも問題なし。

何より嬉しいのが、肝臓の数値が下限寸前まで下がったこと。

ダイエットがんばってよかった(継続中だけど)。

 

しかし問題が…

 

受診が終わって、お会計済ませて

薬局でタモキシフェンの処方を待っているときに

なんだか…下腹部に違和感が…

 

嫌な予感。

 

トイレに駆け込んだらば、嫌な予感的中。

生理キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

前回の生理が、昨年の8月下旬。

子宮腺筋症の経過観察で通っている産婦人科の先生も

「まぁ、もう閉経だろうねー」と言っていたのに。

 

まさかの、まさかの生理。きました。

うそーん。

 

これがまた、いつもに増して

生理痛がめちゃくちゃ痛い、経血量もむちゃくちゃ多い。

一年分の内膜が一気に襲いかかるかの如し、です。

 

3日目になって、痛みは薬でだいぶ和らいだんですが

なんせ経血量が、もうほんと半端ない。

タンポンとナプキン併用しても、1時間足らずで決壊するという…

 

さすがに、これでは仕事に差し障りまくりなので

有休取って休みました。

 

乳がん切除後、転移や再発を防ぐためにホルモンを抑える

タモキシフェンを服用

副作用で子宮内膜が厚くなる

月経過多になる

 

…の、メカニズムはわかってます。

ある程度、仕方ないなとあきらめてもいます。

(乳腺外科、産婦人科どちらの主治医も把握済)

 

が、今回はあまりにも辛い…辛すぎる。

かと言って、タモキシフェンの服用をやめるわけにはいかん。

 

50歳になったし、ほぼ1年来てなかったし

もう終わった!生理ないのラクすぎー!天国〜!

なんて浮かれていたんですけどねぇw

 

生理ってやつは、想像を超えるしつこさを持っていやがったんだなと。

いやぁ、しんどかったです(未だ、若干継続中)。