(゚∀゚)イ㌔!乳がんサバイバー☆。.:*・゜

2017年夏にステージ2手前の乳がん発覚。全摘手術後、ホルモン療法で経過観察7年目。無駄に元気な乳がんサバイバー実践中。

コロナの何が辛いか、怖いかって話。

この度、コロナ感染しました私です。( ・᷄ὢ・᷅ )

 

ようやく自宅療養期間が終わり、外出も解禁になりました。

今はだいぶ元気になりました。

ちょっと疲れやすいかな…というのはあります。

嗅覚がまだ少し鈍いです。

食べ物の味はするのですが、食欲はふだんの3分の2くらい。

 

軽症、自宅療養で済んで、ほぼ予定どおりの期間で回復し

次女も私とほぼ同じ程度で終わったので

今、こうして落ち着いて振り返ることができますが…

 

罹患してる最中は、毎日が、もう本当に辛くて怖くて。

 

毎朝、目が覚めるたびに

「今日1日、何事もなく無事に生きていられるのかな」…

毎晩、寝ようとするたびに

「明日の朝、ふつうに起きられるのかな、ちゃんと目覚めるのかな」…

 

毎朝、毎晩、そんな怖いことばかり

ネガティブなことばかりが、頭を支配していました。

 

熱が下がってきて、回復傾向かな?と期待すると、また数時間後に高熱。

喉が猛烈に痛くて、水を飲むのも一苦労。

とにかく身体がだるくて、少し動くとぐったり疲れる。

味覚と嗅覚がなくなり、食欲もなく、ゼリー飲料しか喉を通らない。

 

10年くらい前に罹ったインフルエンザより、何倍も辛かったです。

 

でも、血中酸素濃度は97〜99程度あるし

あからさまに苦しいとかの症状もないので、あくまでも軽症扱い。

 

保健所からは毎日電話があるわけでもなく

発症から10日後にくる、経過確認の連絡を待つのみで

あとは「悪化したらコチラに電話ください」と、非公開の電話番号を教えてもらっただけ。

 

いや、悪化したらもう、呑気に保健所かけてる場合じゃないんでないの…

救急車呼ぶべきなんじゃないの…(搬送先があるかどうかは別としても)

 

結局、軽症なので

事実上、自宅療養という名の「自宅放置」なのが、いちばん恐ろしいことだったと思います。

万が一、急変した場合、おそらく搬送先がないんだろうな…てのも、やはり恐怖でした。

 

もう二度と、こんな辛くて怖い思いはしたくないです…