(゚∀゚)イ㌔!乳がんサバイバー☆。.:*・゜

2017年夏にステージ2手前の乳がん発覚。全摘手術後、ホルモン療法で経過観察7年目。無駄に元気な乳がんサバイバー実践中。

猫さんの健康診断。

我が家の猫1号「まつたけ」くん。

 

ウチに来て初めての健康診断へ行ってまいりました。

保護猫団体から譲渡される前、一度、健康診断を受けているのですが

それから1年が経過しましたので。

 

猫のみならず、人間まで妙に緊張しましたよっとw

 

まず、出かけるにあたりキャリーケースに入れるのが一苦労…

まつたけは生粋のビビリ猫なもんですから

キャリーに入れようとするだけで、まぁ暴れる暴れる。

 

何とか無理やりキャリーに押し込んで

クルマに乗ったら、さすがに観念したのか、あっさり大人しくなる(笑)

 

動物病院の待合室でも、ぜんぜん鳴きもせずお利口さんでした

…と言いたいところですが

ビビりすぎて固まって声も出なかった、てのが実際でしょうなw

 

健診の最中も、ほぼ固まっていました。

まぁ、大嫌いなキャリーに押し込まれ、知らない場所へ連れてこられ

これまた知らない獣医さんに

身体あちこち触られたり、血液検査されたりしたら

そりゃ固まりますわなw

 

ひととおり診てもらって、とりあえずは異常なし。

血液検査の結果のみ、後日いただけるそうです。

ただ体重が、雄の成猫としてはギリのライン寸前らしく

これ以上増やさないよう気をつけてくださいね〜、と。

ごはんの量と運動量を見直さなくては。

 

それにしても…わかっていた事とはいえ

猫の健康診断、マジで高い(笑)

 

もちろん、そういうの重々承知で迎えたわけですけどね。

実際、諭吉がヒラリと飛んでいくと

あーやっぱり猫って贅沢品なのだな…なんてw

 

まー痛い出費には違いないですけど

まつたけが末永く元気に暮らせるためなら、いいんです。

だから、毎日お仕事に行けるし、がんばれちゃうんです。

 

日々の生活費、子供の学費、老後の資金などなど

そういったもののために、毎日をがんばってきましたが

そこに「猫」が加わる、それもまたアリということで(笑)

 

f:id:airwave221:20211121063335j:image