(゚∀゚)イ㌔!乳がんサバイバー☆。.:*・゜

44歳のある日、乳がんになりました。これからどうする?どうなる私?リアルタイム闘病日記。

検査、検査、検査。

2017年7月19日。 44歳2ヶ月。 乳がん、ステージ2と確定しました。 7月24日。 手術に向けての怒涛の検査のはじまり。 なるべく仕事を休みたくないので できるだけ同日に済ませられるよう 配慮していただいたのは非常にありがたい …のですが 実際、それはそれ…

(わかっていたけど)告知。

CT検査から一夜明け。 いよいよ外科外来の日です。 わかってますとも。 今日ね、告知されるんですよね。 半月も前に、事実上告知されたも同然ですから 妙にドンとしている私。 いいんだか悪いんだか。いざ診察室へ。 「先週の針生検の結果が出てきました」 …

CT検査。

一週間後。 この日はCT検査をして、転移の有無を見るそうで。 もう限りなく黒に近いグレーなのは 医師はおろか本人もわかっている状況なので いいからさー、早いとこ確定しちゃって もやもやから抜け出してスッキリしたい… という、よくわからない心境でして…

針生検。

がん診療連携拠点病院にて、はじめての診察。 その日のうちに、針生検の手配をしてもらいまして。 いざ! …と心構えてみたものの なんせこんな検査、もちろん生まれてはじめてですし ネットで情報を見れば見るほど、なんか怖い。 局部麻酔ったって、だって、…

予想外の速さで進む。

やってまいりました。 調べに調べて決定した、がん診療連携拠点病院です。 受付して、問診票書いて、血圧測って、超音波検査。 やはり長い。 じーっくり時間かけてクルクルクルクル。 あぁ…やっぱりそうなのね。 「ある」のよね間違いなく… もしかしたら良性…

選択肢が多すぎて迷走。

本格的に始まりました病院探し 。 ほぼガン確定と宣言されたその日の帰り道から すでにスマホのリーディングリストは ありとあらゆる病院情報が満載w 便利な時代になったもんだとしみじみ。 ですが、こうも何でもかんでもスマホ片手に 情報が手に入ると、そ…

事実上の告知。

さて、それなりに覚悟を決めて診察室へ。 デスクの上のパソコンの画面には おそらく先程の超音波検査と 検診のマンモグラフィーと思わしき画像が。 椅子に座るやいなや、専門医の先生 いきなり 「あるねー腫瘍が、ほらコレ、1センチくらい。 たぶんね、ステ…

精密検査。

予約を入れました。精密検査。 たまたま直近でキャンセルが出たらしく 専門医による乳腺外来の予約が ラッキーなことに早く取れまして。 して来院の日。 少し驚いたのは、予約制とはいえ朝もはよから 待合室にはけっこうな数の患者さん… 皆が皆、私と同じ状…

きっかけは、誕生月のチクチク。

初めての記事です。まずは、私の乳がんが確定するまでの経緯から 書いていこうと思います。きっかけは、ある日、右胸の脇に近いあたりにふと感じた チクチクとした軽い痛みというか違和感でした。いま考えれば その時の、ほんのちょっとの胸騒ぎを気に留めて…